Problem

こんなことでお困りではありませんか?

外国人観光客の受入れ環境を整備したい

いざ外国人観光客を受け入れたい!と思っても、やるべきことは沢山あります。

66763d7a1ef38bb79675f6a9fbab83cf_m

看板や案内物などの多言語化

外国人観光客は店頭の看板や、多言語化された案内物を参考にしているケースが多々あります。 また、官庁や公共機関が公開している多言語化対応に関するガイドラインでは、防犯や衛生に関する注意喚起や、食品アレルギー、災害時の誘導といった「安全」を目的としたものには多言語化は必要だと呼びかけており、インバウンド戦略を考えるなら、必要最低限の多言語化は必要です。 また、外国人の誘致を強化しようとした場合、飲食店などでは、メニューの多言語化も重要になってきます。

店頭での通訳ツール

英語や該当する言語を話せるスタッフがいればよいのですが、常時スタンバイをさせるのはコスト的にも見合いません。そんな時に役に立つのが映像通訳や対面型の電話通訳です。 基本的なオーダーの受け答えはメニューや指刺しでできるがクレームがあった時は怖い…… 料金体系などの細かい質疑応答が発生しうるサービスを提供している…… そのような企業様や自治体様にご利用いただいているサービスです。

→翻訳や店頭での通訳ツールはこちらをご覧ください

外国人からの電話受付の整備

お電話を中心にサービスを提供したり、まずはお電話での受付が多いと想定されるような企業様や自治体様には、外国人からの電話受付をスムーズに行うために、多言語対応可能なコールセンターが有効です。

→多言語コールセンターについてはこちらをご覧ください

スタッフの教育

スタッフや職員の、外国人観光客に関する教育も重要な受入れ体制整備の一つです。 外国人に対する知識や、インバウンド戦略への意義などを伝え、今後のインバウンド戦略を成功に導くべく皆様の意識を一つにする必要がございます。 教育など総合的なサポートも対応しております。
→こちらよりお気軽にご相談くださいませ