Problem

こんなことでお困りではありませんか?

ハラール対応ってどんなものが必要なの?

インバウンド事業のご担当者様なら、「ハラール対応」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。
実際、外国人観光客を迎え入れるにあたり、「ハラール対応」を行う企業様や自治体様が増えてきており、ニュースでもよく見るようになってきました。

mother-397956_1280

世界に19億人もいるイスラム教

イスラム教は、キリスト教に次いで世界第二位の人口を抱える宗教で、イスラム教の信者を「ムスリム」と呼ぶのですが、ムスリムの数は19億人にも上ると言われています。日本では、イスラム教と聞くと中東のイメージをまだ持たれがちですが、信者の半数以上はインドネシアやマレーシアといったアジアで占められているのです。 ここ数年、ムスリムを多く抱えるインドネシアやマレーシアの経済成長が目覚ましく、多くのムスリム観光客が日本に訪れていますが、今後もその数は増加すると言われています。

ムスリム観光客をおもてなしするには

今後、ますます増えるであろうムスリム観光客。そこに多きな市場を見出し、対策を考える企業様や自治体様の中で、問題となって上がってくるのが「ハラール対応」です。
イスラム教には「アルコール禁止」「豚肉禁止」「一日に何度も礼拝をする」等、様々な厳しい規律があり、ムスリムはその厳しい規律に従って生活をしています。日本を訪れるムスリムからは、依然として食事や礼拝に対する不安の声が多く聞かれ、いかにムスリムの方が安心して日本での生活が送れるかが、訪日ムスリムを受け入れる上で重要になってくるのです。
「ハラール」とは、イスラム教において「許されているもの」を指し、ムスリムにとっての行動基準となっています。よって、訪日ムスリムをおもてなしするにはハラール対応が必要不可欠となってくるのですが、ハラールの基準がムスリム個人の解釈によって異なる部分も多くある一方、ハラール認証機関が乱立し取得にもコストがかかるという問題もあります。
一見難しそうに見えるハラール対応ですが、まずはハラールを理解することが大切です。
また、弊社が軸としている「情報開示型」のハラール対応では大きなコストをかけなくても実現可能、など、自社の状況によってやり方も様々ございます。

ハラール対応に関しまして、どこからどこまでを対応すべきかなど、どんな小さなお悩みにもお応えしております。
→こちらよりお気軽にご相談くださいませ

コンサルティングサービスもございます。
→コンサルティングサービスについてはこちらをご覧ください

受け入れ態勢ができたらいよいよ集客

ムスリムの受け入れ態勢ができたら、集客を行いましょう。「ムスリムに対してどんなおもてなしをしているのか」をPRすることが大切です。

→ムスリム向けのプロモーションはこちらをご覧ください